<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ☆初心表明2016☆ | main | 一年の反省2016 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

今年中に読んで勉強になった本

お久しぶりです。
年末の休暇を満喫しているsnakeです。

今年も本をたくさん購入して読みましたが、今年中に読んで、自分にとって勉強になった本を3冊紹介したいと思います。


1冊目は、このブログの2016年8月24日(水)の記事でも紹介しましたが、『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』(山崎元・大橋弘祐著、文響社、2015年)です。
『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』
















詳しい内容は上記の記事に書いてありますので、気になった方はクリックしてぜひ読んでみてください。



2冊目は『北の大地、そこに生きる人々の歴史と文化、漫画「ゴールデンカムイ」… 今こそ知りたいアイヌ』(サンエイムック 時空旅人別冊、三栄書房、2017年)です。
『今こそ知りたいアイヌ』
















オレがアイヌ文化の勉強をしているのは、このブログの2014年8月22日(金)の記事にも書きましたが、今月、とうとう写真入りで分かりやすい解説のアイヌに関する本が出たことに歓喜しました!!
現在『週刊ヤングジャンプ』で連載中の漫画「ゴールデンカムイ」の内容も絡めながら、アイヌ文化(衣食住、信仰、言葉など)や北海道の歴史などを写真付きで解説しているムックです。
これまで、アイヌに関する本は堅苦しい専門書や絵本しか読んだことがなかったので、この本が書店に平積みしているのを見つけ、中をパラパラめくった瞬間に購入を決定しました。

この本は、漫画「ゴールデンカムイ」がメインではなく「ゴールデンカムイ」の挿絵を使用してアイヌ文化を紹介している、という印象で、しっかり関係者へ取材していて、ものすっごく分かりやすくまとめられています。

アイヌ文化に興味のある方は、とっかかりとしてぜひこの本を読んでいただきたいです。
オレは漫画「ゴールデンカムイ」を読んだことがないので、読んでみたいと思いました。



3冊目は『僕らが毎日やっている最強の読み方 新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意』(池上彰・佐藤優著、東洋経済新報社、2016年)です。
『僕らが毎日やっている最強の読み方』
















公立小学校の教員は、授業で幅広い教科等を扱うため、世の中の様々な情報を自分自身にインプットし、それを児童に分かりやすく、かつ公平な立場でアウトプットしていく必要があります。
ジャーナリストの池上彰氏や作家の佐藤優氏が、いかに様々な情報をインプットしているのか長年気になっていたので、出版されてすぐに自宅付近の書店に向かいました。

自宅付近の書店は売り切れ続出で、3軒目の書店でようやく最後の1冊をゲットすることができました。

本を読み進めていると、両氏共にインプットする情報が保守系・リベラル系にのどちらにも偏らないよう、気をつけながら情報を収集している印象を受けました。
また、インターネットが発達して多くの人々が情報を収集・発信できるようになった時代だからこそ、ネット内の情報が玉石混淆になり、「玉」の情報を収集しようとする人にとってはネットが「上級者のメディア」と化していると説明していることに納得しました。

この本は情報を収集するための具体的な新聞・雑誌・サイト・書籍などを掲載しているので、参考になります。



今後も、面白い本があったらこのブログで紹介していこうと思います。





















snake * 読書 * 13:42 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 13:42 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ