<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今からでも間に合う!教員採用試験対策(東京都・小学校全科) | main | J-WAVE FLEA MARKET 2010 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

今からでも間に合う!教員採用試験対策(東京都・小学校全科)

いよいよゴールデンウィークが始まりましたねぇ!!
オレは昨日で家庭訪問が全て終わり、緊張の糸が少しだけ緩んでいる状態です。

さて今日は、平成22年に実施される平成23年度採用の東京都教員採用試験(以下「選考」)の第一次選考対策について書きます。



受験申込みの際に、A選考とC選考を選んだ方が第一次選考を受けます。
選考内容は、
A選考…教職教養(60分間)、専門教養(60分間)、論文(90分間)
C選考…論文(90分間)
です。



・教職教養・専門教養・論文の試験全てに共通する対策

はっきり言いますが 、平成22(2010)年現在、東京都の小学校の選考はかなり敷居が低いです!!
満点を狙う必要はありませんし、オレの経験(平成20・21年度採用選考)では、教職教養・専門教養ともに正答率が5割以上、なおかつ論文で筋道を立てて1200字以上で書けていれば第一次選考をパスできます。
教職教養・専門教養は正答率7割を狙って勉強すれば十分です。
要するに、第一次選考合格のボーダーラインにいようが、上位にいようが、どちらも合格なのです。
第二次選考では、第一次選考でチェックできない能力を面接官に見られます。
だから、第一次選考の正答率が第二次選考に直接影響することはないと思います。

第一次選考対策で必ずすべきことは、
「とにかく模擬試験(以下「模試」)をたくさん受ける!!」
ということです。
オレはグ〜タラ人間なので、自分で計画を立てて自宅で市販の問題集を解いたことが一度もありません。
だからといって、第一次選考対策の予備校に通っていたわけでもありません。
では何をしていたのかというと、第一次選考対策の模試をたくさん受験していました。
選考に合格する為の模試を実施している予備校などがいくつかあるので、それらの模試をうまく利用して勉強するのです。
自宅以外の会場で受ける模試は緊張感があり、選考当日に近い雰囲気で試験が受けられます。
予備校で受ける模試の場合は、その予備校に通う生徒が多く受けていて休憩中に仲良くおしゃべりをしているので、アウェー感たっぷり(笑)
どんどん追い込まれます(笑)。

模試を実施している予備校などを記しておくので、今後の参考にしてください。
東京アカデミー「全国公開模擬試験」http://www.tokyo-ac.jp/bl/koza/kyo_moshi1_zenkoku.html)、「関東・甲信越地区県別模擬試験」http://www.tokyo-ac.jp/bl/koza/kyo_moshi_kantou.html
時事通信出版局「公開模擬試験」http://book.jiji.com/kyouin/examination/
共同出版「公開模試」http://www.kyodo-s.jp/KyoinMosi-gaiyo.html
各模試で受験料が違いますが、教職教養・専門教養・論文の受験料はそれぞれ2500円程度です。
つまり教職教養・専門教養・論文の3つの模試を一度に受けると、7500円程度かかるということです。

選考に合格する為の講座を開いている予備校はたくさんあると思いますが、学費が高いので、無理して通う必要はありません。
オレは、できるだけ出費を抑えて選考に合格したいと考えていたので、予備校の講座は第二次選考対策のための最低限の内容しか受けていません。
詳しくは第二次選考対策の記事で書きます。

「模試の申込みに間に合わなかったぜコンチクショー!!」
と怒り狂っている方は、時事通信出版局の模試、共同出版の模試ならば、申込み締切日に間に合わなかったとしても、試験当日に会場に直接行けば当日申込みも可能です。

「模試を全く受けられなかったぜコンチクショー!!」
と怒り狂っている方は、役に立ちそうなサイトや問題集・参考書などを下に記したので、読んで勉強してください。

サイト
「教員ドットコム」http://www.kyoin.com/
「教員採用試験に合格しちゃおう大作戦」http://self--investments.com/
「Running after the dream!! ~小学校教師になる方法~」http://ameblo.jp/gi-ko-2006/

メールマガジン
「東京の先生になろう!」http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/buka/jinji/mail-mg.htm)←超オススメ!!



・教職教養対策

‖莪貅〜考対策の模試を受験する。

¬六扈了後、解答・解説を読む。

自分が間違えた問題をチェックして、その問題に解答番号と短めの解説を赤ペンで書き入れる。

い修量簑蠅鬟灰圈爾靴得擇蠎茲襦

ゼ分が間違えた問題だけが繰り返し読める冊子を作成する。

μ簑蠅伐鯏を丸暗記できてしまうくらい、その冊子を読み続ける。

以下 銑Δ魴り返す。

模試は自分の弱点を見つけるためのものです。
その日の模試で見つけた弱点を潰せば、それは次回には自分の点に化けます。
「次」がなくなる前に自分の穴を塞ぐことが重要です。

平成22年度採用の東京都の選考では、平成10年または平成11年告示(平成14年または平成15年一部改正)の「学習指導要領」を基にした問題が出題されました。
平成23年度採用の選考では、平成23年度に実施される「新学習指導要領」を基にした問題が確実に出題されますので、絶対にチェックしておいてください。
勉強する時間が本っ当にない方は、「新学習指導要領」のパンフレットを読むだけでも勉強になりますよ!!
「新学習指導要領」のパンフレットは文部科学省(http://www.mext.go.jp/)のHP内にあります。(http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/pamphlet/index.htm
「学習指導要領」の変遷を知るには、「教心ネット」http://www.kyo-sin.net/index.htm)のHP内の「学習指導要領の変遷 ゆとり教育と学力低下」http://www.kyo-sin.net/shidoyoryo.htm)を見るとわかりやすいです。

また、平成18年に改正された教育基本法は必ず出題されるので、これも要チェックしておいてください。

問題集
『小学校学習指導要領らくらくマスター』(資格試験研究会編、 実務教育出版)
『即答型 ポケットランナー教職教養』(東京教友会編著、一ツ橋書店)

過去問集
『東京都の教職・一般教養』(協同教育研究会編、共同出版)



・専門教養対策

‖莪貅〜考対策の模試を受験する。

¬六扈了後、解答・解説を読む。

自分が間違えた問題をチェックして、その問題に解答番号と短めの解説を赤ペンで書き入れる。

い修量簑蠅鬟灰圈爾靴得擇蠎茲襦

ゼ分が間違えた問題だけが繰り返し読める冊子を作成する。

μ簑蠅伐鯏を丸暗記できてしまうくらい、その冊子を読み続ける。

以下 銑Δ魴り返す。

オレの場合は計算が苦手で時間がかかってしまうので、計算が出てくる問題は後回しにして問題を解いていました。
そして、考えても分からない問題が出たら直感で解くことにしました。

オススメは時事通信出版局の「公開模擬試験」の「小学校9教科」の模試を受けることです!!
その理由は、この模試の問題数の多さにあります。
・平成22年度採用の東京都の小学校全科の専門教養試験…60分で32問を解答。
・時事通信出版局の「公開模擬試験」の「小学校9教科」の模試…70分で90問を解答。
初めてこの模試を受けた方は、問題数が多くて制限時間内に解き終わらないと思います。
この模試に解き慣れることで、「どの問題を捨て、どの問題を優先して解くか」が見えてきます。

問題集
『小学校全科らくらくマスター』(資格試験研究会編、 実務教育出版)←音楽や図工が苦手な方にオススメ!!

過去問集
『東京都の小学校全科』(協同教育研究会編、共同出版)




・論文対策

上述した論文模試を手当たり次第に受けまくり、解説を読んで終わりにしていました。
模試の復習は特にしていません。
オレは選考を受ける前から補助員として学校現場に入っていたので、その経験を踏まえて書くと、目標の1200字以上はすぐに達成してしまいます。

参考書
『絶対問われる指導力 小学校編』(初級の会編、一ツ橋書店)←超超オススメ!!!
この本だけは、超超オススメのため、画像も載せて紹介します。
絶対問われる指導力 小学校編















子どもたちの学校生活上の諸問題について、教師がどのように対応したらよいかを分かりやすく記した本です。
まるで受験生が選考に合格し、教育現場に出て仕事をしていくことを見越して作ったかのような本で、受験生や若手教師には必携の本だと思います。
諸問題への教師としての対応例が、堅苦しくない表現で書かれています。
受験生にとっては、第一次選考の論文対策や、第二次選考の面接対策で役に立ちます。
また、若手教師にとっては、教育現場で起こった諸問題の対応を保護者などに説明するときや、学習指導案を作成するとき、自己申告書を作成するときなどの参考になると思います。
オレは今月、ある書店の「資格試験コーナー」をうろついていたときにたまたまこの本に出会い、内容が実際の教育現場でも使えると判断したので即買いしました。

過去問集
『東京都の論作文・面接』(協同教育研究会編、共同出版)

サイト
・東京アカデミーのHP内にある「Start Up!教採学習ガイダンス 〜論作文攻略の押さえておきたいポイント!〜」http://www.tokyo-ac.co.jp/kyousai/ky-G_ronsakut.html





snake * 教員採用試験対策(東京都・小学校全科) * 21:18 * comments(0) * trackbacks(1)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 21:18 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

-

管理者の承認待ちトラックバックです。
From - @ 2010/05/28 7:34 PM
このページの先頭へ