<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ☆snakeがついにインディーズでCDデビュー☆ | main | 「鵜飼美紀+辻和美 −光のかけら−」 >>

「小5が抱えるクライシス」

昨日、ようやく通信制大学への出願書類が全て揃い、今日の昼に大学側へ書類を送った。
まだ「書類審査」という段階だが、9割9分通るはずだ。
チャッチャと課題をこなして、早く小学校の教員免許を取得したい。


今週の『AERA』('06.2.20号)に、「小5が抱えるクライシス」と題された記事が掲載されていた。

この記事によると、小学5年生の2学期ごろに荒れる子どもが出てきて、クラスをまとめるのが大変になっているという。
中学受験のための塾通いは小4から始まることが多いらしく、ちょうどその時期に学力格差がでてくるそうだ。
塾に行かない子、受験しない子が学力格差による劣等感を感じる一方で、塾に行く子、受験する子が息切れするのも小5の頃だそうな。

受験受験と塾や親から急かされる子どもはかわいそうだなぁと思った。
自分の意志で受験するならば良いと思うのだが、小さい頃からそのような考えを持つ子はあまりいないだろうなぁ…

小学生はもっと外に出て遊んだほうが良いと思うんだけど、近年は近所の遊び場・遊び仲間さえ失われつつある状態だからなぁ…

学校で荒れる子どもたちというのは、周りの大人たちや環境からのプレッシャーやストレスを身近に発散させる場所がないから、もしくはストレス発散の術をほとんど知らないから、結局それらを学校で発散せざるを得ない状況に陥っているのかもしれないなと思ったりする。


オレが子どもの頃はしょっちゅう外で遊び回っていた。
夏は神社へセミを取りに行ったり、校庭でドッジボールや中ぶちをして遊んだり、公園で遊んだり、ゲーセンへ行ったり(笑)(良いコはマネしないでちょーだい)
小4から塾に通い始めたが、その頃は学ぶことが大好きだったので、全く苦にならなかった。

オレが勉強を嫌いになったのは高校生の時で、高1の時から授業中に大学の入試問題を解かされ続けて、「入試問題を解く際のテクニックを学ぶ」ために学校に通って勉強しているような錯覚に陥ってしまい、勉強がイヤになって、ひたすら部活に活路を求めていたような気がする。


『AERA』の記事によると、越境入学者も多い都内の有名公立小学校では、荒れた子がいるクラスに、親が交代で2人ずつ見張りに入っているそうだ。
ケンカを始める子がいるとすかさず先生が止めに入り、その隙に教室を出ていってしまう子を親が追いかけるという。

こりゃ先生も親も一苦労だなぁと思うが、子どもがこのような行動に出てしまうのは他でもない、大人の責任であり、そしてその子どもの育ってきた環境が大きな影響を与えていることは想像に難くない。


子どもたちをそのような行動に走らせないように、オレたちが知恵を絞っていかなきゃならんなぁと思った。
snake * 教育 * 23:26 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:26 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ