<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

教職員の負担感について

今年の7月28日(火)付の朝日新聞(朝刊)に、公立小学校の教職員は、どのような仕事に負担を感じているのかについての文部科学省の調査結果が載っていました。
この調査結果は、文部科学省HP内の平成27年7月27日付の報道発表「『学校現場における業務改善のためのガイドライン』の公表について」 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/27/07/1360291.htm)でご覧になることができます。



新聞記事・調査結果によると、公立小学校教諭が従事率、負担感率ともに50%以上の業務の上位3つは「国や教育委員会からの調査やアンケートへの対応」の負担感率87.6%、「研修会や教育研究の事前レポートや報告書の作成」の負担感率72.9%、「保護者・地域からの要望・苦情等への対応」の負担感率71.4%です。
正直な話、これら上位3つはオレも負担に感じています。
これら上位3つが負担になり、自分が担任している児童に直接関係する仕事(教材・教具の作成や、授業をどのように展開させようか考えること、など)を勤務時間内に区切りをつけることが難しくなっています。


特に「国や教育委員会からの調査やアンケートへの対応」に関しては、学校でのいじめ、自殺、体罰がニュースで大きく取り上げられるごとに緊急で児童に対してアンケートを行ったり、教職員に対して体罰がないかどうかのチェックシートの記入をしたりします。
事件の当該校・当該地域でなくてもこのような調査が行われることがあります。
この新聞記事にも書いてありましたが、「様々な問題に対し、実態をつかもうとする文部科学省や教育委員会などの調査も、かえって教員の多忙化を招いている」のはオレも同感で、調査の目的はよく理解しつつも、職務の負担を感じる一因になっていることは間違いないです。


「保護者・地域からの要望・苦情等への対応」も負担の上位に挙がっています。
これに該当するかどうかは皆さん個人の判断になります(オレは負担ではなく「自分のための勉強」と捉えています)が、オレは過去に担任していた児童の保護者から、授業参観後に下記のような内容を実際に連絡帳に書かれたことがあります。
(実際は図で説明した部分があったのですが、ブログで表示しやすくするために言葉や下線等で表現しました。)
(また、プライバシー保護のため、個人名は伏せてあります。)

算数の授業で、20→「整数」、20.5→「小数」となっていましたが、20(整数).(小数点)5(小数)のとおりなので、20.5は「小数(小数点以下)のある数字」ということになります。
(例)1000000.1でも小数?となるのでしょうか?

さて、皆さんなら学級担任として、この連絡帳にどのような内容を返答しますか?
オレは児童の休み時間に、算数少人数担当の教員、同じ学年を担任している教員に相談し、その日のうちに連絡帳で返答したのですが、その内容を知りたい方はこの記事下部にある「続きを読む >>」をクリックすると見ることができます。



文部科学省HP内の平成27年7月27日付の報道発表のPDFファイル「学校現場における業務改善のためのガイドライン〜子供と向き合う時間の確保を目指して〜(冊子)」 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/27/07/__icsFiles/afieldfile/2015/07/27/1360291_3.pdf )には、業務改善に取り組む教育委員会における先進的な実践事例が載っています。

個人的には、PDFファイル58ページに載っている新潟市の、学校ごとに異なる事務職員が行う業務の範囲を拡大、標準化した事例が画期的でよいと思います。
企画・運営・評価や危機管理、連携・渉外さらには授業研修・行事活動・研究授業などの業務にも財務や情報の面から、事務職員が積極的に関わるようになってきているそうです。

また、PDFファイル62ページに載っている学校徴収金に関する業務に事務職員が積極的に関わる事例もよいと思います。
教職員でない方はご存じない方が多いかもしれませんが、給食費や修学旅行の積立金などの学校徴収金に係る業務は、事務職員ではなく教員(専科担当や学級担任)が行っている学校が多いです。

給食費の徴収業務に関しては、給食費業務全般をとりまとめる担当の教員がいますが、給食費未納の家庭と直接連絡を取り合って給食費を徴収するのは学級担任の場合が多いです。
給食費未納に関しては、「保護者との信頼関係ができている学級担任のほうが徴収しやすい」という考え方もありますが、事務職員が徴収に関わることで、学級担任の負担が少しでも減ると思います。

修学旅行や卒業遠足等の積立金は、小学校の場合、学校によっては6年生の卒業遠足のために4年生の頃から少額を積み立てている所もあります。
その場合、当該学年の各学級担任が積立金を徴収している学校が多いです。

保護者から現金で徴収した場合、すぐに学校名で開設した銀行口座に現金を入金しなければならないのですが、その業務も事務職員ではなく教員(専科担当や学級担任)が行っている学校が多いです。
学校徴収金に関する業務に事務職員が積極的に関わる事例は、教員にとっては大変ありがたいです。



余談(教職員の負担感と多少の関わりがあります)ですが、今日付(今年の8月14日付)の朝日新聞(朝刊)に、教職員個人向け賠償保険の加入が増えているという記事が載っていました。
オレも初任の年に公務員が加入できる賠償保険に入りました。
このご時世、学校生活に関することでいつ訴訟を起こされるか分からないので、加入しておいたほうがよいと思い、加入しました。
この記事によると、保険会社によっては、「プールの栓を閉め忘れ、自治体から水道料金の一部支払いを求められた」「校外学習のため給食を止めるべきだったのに失念した」など、訴訟に至らないケースの補償もカバーするそうです。
ちなみに上記の2例は、教職員が本当に起こしやすいミスの代表例です!
ずいぶん前の話ですが、過去にオレが勤務していた小学校のすぐ近くの小学校でプールの栓の閉め忘れがあり、水道料金ウン十万円の高額請求が起こったことがあります。
誰がどのように支払ったのかは忘れてしまいましたが、栓を閉め忘れた本人も支払っていたと思います。












続きを読む >>
snake * 教師道 * 17:30 * comments(0) * trackbacks(0)

近況報告

お久しぶりです。
昨年度末から仕事・家事・育児のことで精一杯で、今日になってようやくブログを更新することができました。

4月から、2歳の息子が保育園に通い始めたことで、家族の生活環境がガラッと変わりました。

昨年12月20日の記事では、仕事の効率化の方法を紹介しましたが、今年4月からは息子を朝、保育園へ登園させなければならないために、早朝出勤がほぼできなくなってしまいました。
退勤時刻はほぼ17時〜18時を維持し、平日は6〜7時間睡眠も維持していますが、そのかわり、休日職場へ行って仕事をする回数が昨年度に比べて増えました。


仕事量は、昨年度並だと思います。
事務作業が多く、勤務時間内に教材研究をしたり、教材・教具を作ったりする時間がなかなか取れないです。

学生や教員以外の仕事をしてらっしゃる方は、「授業をして、児童・生徒が帰ったら後は先生の自由時間でしょ?なんでそんなに大変そうなの?」と思われるかもしれません。
実際のところ、毎日定時退勤を目指す教員にとっては、自由時間はあまりありません。

一般的な会社員は、昼食時は社員の休憩時間ですが、教員の場合、給食中は児童・生徒の指導時間のため、勤務時間に含まれます。
学校は児童・生徒下校後から退勤時刻までの間など、児童・生徒がいない時間帯に必ず45分間の休憩時間を設定していますが、その時間に45分まるまる休憩してしまうと、仕事の区切りを退勤時刻までにつけられないことがほとんどのため、オレは休憩時間中でもバリバリ仕事をしています。

放課後はテストの丸付けをしたり、会議が入ったり、校務分掌の仕事をしたり、学年・学級に関する事務作業をしたり…
生活指導が必要な児童・生徒には家庭に電話をかけたり、個別に面談をしたり…

そのため、放課後から退勤時刻までの間は、教材研究をしたり、教材・教具を作ったりするところまで行き着かないことが多いです。
ベテラン教員であれば、過去に作成した教材・教具を使い回したり、当該学級の実態に合わせて手直ししたりして活用することが可能です。
しかし、オレのように教材・教具の蓄積があまりなく、毎日定時退勤を目指し、退勤後を家事・育児に専念しようとする若手教員にとっては、勤務時間内に教材研究や教材・教具作成があまりできない状況は辛いです。


7月下旬に始まる夏休みまで、毎日定時退勤を目指してなんとか踏ん張ろうと思います。











snake * 教師道 * 06:17 * comments(0) * trackbacks(0)

仕事の効率化について

近年、教員一人あたりの仕事量(特に事務作業)がかなり増えています。
そのため、長時間残業をしている教員が数多くいます。
そして、公立小学校の教員は残業代がつきません。
残業代がつかない代わりに、毎月の給料には「教職調整額」基本給の4%(月8時間程度の勤務に相当する額)上乗せされて支給されますが、月8時間の残業では終えることができないほど、仕事量が多いです。
さらに、今後も教員一人あたりの仕事量は減ることはないと思います。

そのような状況の中で、オレはできるだけ平日に残業せず、自分の生活リズムに合わせた効率の良い仕事のスタイルを今年の9月から続けています。


オレ流の、仕事を効率化するポイントは7つあります。
〜當出勤
個人情報に関わる仕事は職場で行う。
8朕余霾鵑亡悗錣蠅ない仕事は家で行う。
ToDoリストを毎日作成し、リスト中の7割の仕事に区切りがついたら退勤する。
ナ親に区切りがつかなかった個人情報に関わる仕事は、土日のどちらかの午前中に職場へ行って行う。
仕事の速い同僚の授業の進め方、仕事の進め方、教材作成の仕方をパクる(盗む)。
平日は6〜7時間睡眠



,砲弔い討任后
オレは今年の9月から、平日は4時台に起き、家で家事や仕事をして、6時半から7時には職場に着いて仕事をする生活を続けています。
この時間帯は同僚がほとんどいないため、集中して仕事をすることができます。

△砲弔い討任后
個人情報に関わる仕事などの、どうしても家に持ち帰れない仕事は職場で行うようにしています。

についてです。
教材作成などの、個人情報に関わりがない仕事は育児の合間を縫って家で行ったり、近所のカフェで集中して行ったりしています。

い砲弔い討任后
初任の頃から手書きで作成し続けているToDoリストは、毎日更新させてポケットの中に常に入れておき、そのリスト中の7割の仕事に区切りがついたら退勤するようにしています。
オレにとっては「7割」がちょうど良いです。
ToDoリストに書かれた内容の中には、勤務時間内では到底終わらない仕事も含まれており、ToDoリスト通りに全ての仕事を終わらせようとすると、退勤が21時や22時になってしまうこともあり得ます。
公立小学校の教員は残業代がつかないため、できるだけ退勤時刻が遅くならないように、程よく仕事をこなしていくことが必要です。

※残業代がつかない代わりに、毎月の給料には「教職調整額」基本給の4%(月8時間程度の勤務に相当する額)上乗せされて支給されます。
「教職調整額」は「手当」としてではなく、「給料」の一部として支給されます。

イ砲弔い討任后
平日に区切りがつかなかった個人情報に関わる仕事は、土日のどちらかの午前中に職場へ行って行うようにしています。
土日は同僚がほとんどいないため、短時間で集中して仕事を終えることができます。

Δ砲弔い討任后
効率良く仕事をしている方は、必ず何か秘訣があります。
その方の行動を観察して、秘訣をどんどん盗んで実行していくと、さらに自分の仕事の効率が上がっていくと思います。
秘訣を盗む際は、先輩・後輩は関係ありません。
後輩でも、素晴らしいアイデアや効率良く仕事をする秘訣をもっている方がいると思います。

Г砲弔い討任后
平日は、息子が寝るのとほぼ同じタイミングで寝ます。
だいたい21時から22時には寝ます。
途中、息子の夜泣きをあやすために起きることもありますが、睡眠時間はほぼ6〜7時間です。
社会人にしては睡眠時間が長いように思われがちですが、オレはこれくらい睡眠時間をとらないと仕事中、体がもちません。
オレが担任しているクラスには、きめ細かい支援を必要とする児童がいて、授業中に教室の中を走り回ったり、廊下に出たりしてしまう児童もいるので、日々体力勝負です。
睡眠時間を長く確保し、体力を回復させてから、翌日の仕事に集中します。


上記のポイントを踏まえて生活を続けているおかげで、オレは平日、ほぼ毎日17時から18時の間に退勤することができています。

オレは朝早く起きるのが得意なので、上記のような仕事のスタイルで効率良く仕事を終わらせる事ができます。
ぜひ皆さんの性格・生活リズムに合った仕事のスタイルを見つけて、実践してみてくださいね。














snake * 教師道 * 08:23 * comments(0) * trackbacks(0)

近況報告

お久しぶりです!
昨年度末から先月まで、ほとんどゆっくり休める状態ではなかったため、しばらくの間ブログを更新しませんでした。
学校が夏休みに入り、少し余裕が出てきたのでようやくブログを更新できました。


今年度から、人事異動で新天地での学校勤務となりました。

東京都の教員は毎年10月ごろ、自己申告書(中間申告)の管理職との面接で、次年度の異動希望の有無を伝えます。
オレは昨年10月の面接で、管理職に異動をしたいことを伝えました。

今の勤務先は学校行事や地域と関わる行事が多く、さらに初めてやる仕事内容を多く任されるようになったので、日々仕事と格闘しながらも前進しています。

オレが担任しているクラスには、きめ細かい支援を必要とする児童がいて、その児童の支援をしつつどのように全体の学習を進めていくかが課題となっています。

また、来年2月には全国研究発表会があり、オレのクラスの様子も研究対象の1つであるため、夏休み明けから来年2月までは研究関係でバタバタする日が続きそうです。


前任校とは全く違う環境ですが、少しずつ慣れていこうと思います。
















snake * 教師道 * 16:47 * comments(2) * trackbacks(0)

研究発表会

今月実施される研究発表会に向けて、夏休み前から準備を進めてきているのですが、先週は、教員の疲労がピークに達したようで、オレを含め多くの教員が風邪を引いていました。
オレは発表会当日に授業をする単元の学習指導案を夏休み少し前から作成し始め、指導主事や主任などのチェックを受けながら何度も検討し、ようやく先週の金曜日に完成しました。

研究発表会当日まであともう少し!!
体調管理に気をつけます。











snake * 教師道 * 10:42 * comments(0) * trackbacks(0)

今週のお仕事

今週は勤務日がたった2日間しかなかったのにかなりハードでした。

木曜日は午後に出張があり、出張から職場に戻ってきたらすぐに学校対抗の教職員バレーボールの試合をするために、徒歩10分くらいの近くの小学校へ行きました。
試合には惜敗しましたが、教職員の団結力は高まったように感じました。

金曜日も午後に出張があり、出張から職場に戻ってきたらすぐに運動会の表現の振り付け練習をしました。
オレは七月(しちぐゎち)エイサー待ちかんてぃ」「YOSAKOIソーラン」の両方を児童に指導しなければならないので、運動会の学年全体練習が始まる前に振り付けを自分自身が覚えていなければなりません。
自宅でも振り付けの練習をしています。

多くの公立小学校ではVHSのビデオテープの映像教材がまだまだ多いので、現在学校から借りている映像教材もVHSです。
自宅でもVHSの映像が観られないと困ると思い、今年に入ってVHS対応のビデオデッキを購入しました。
続きを読む >>
snake * 教師道 * 23:45 * comments(0) * trackbacks(0)

もうひとふんばり

今週で、自分が担任している学年に直接関わる大きな学校行事がひと段落しました。
今日からは、通知表と指導要録の作成に追われる日々がしばらく続きます。
なんとかクラスのみんなを無事に進級させられるようにがんばります。
snake * 教師道 * 20:50 * comments(0) * trackbacks(0)

面接の結果

先日の東京都教員採用候補者の面接の結果が今日、出ました。
オレの勤務先に、面接を受けた某区教育委員会から電話連絡があり、同区内の小学校で、正規教員として勤務することが内定しました。
具体的にどこの小学校に配属されるかは来週中に連絡がくるそうです。
人間、なんとかなるもんですな(笑)
snake * 教師道 * 22:47 * comments(2) * trackbacks(0)

決戦は金曜日

♪近づいてく 近づいてく 決戦の金曜日〜♪
DREAMS COME TRUE 「決戦は金曜日」 作詞:吉田美和 作曲:中村正人 より)

あっどうも。
風邪気味で声がガラガラになっているガラガラヘビことsnakeです。
昨日、東京都某区の教育委員会から電話連絡があり、今月26日(金)に東京都教員採用候補者の面接を受けることになりました。
どんな面接になるのか予想がつきませんが、今までの経験を生かして質問に答えていこうと思います。
この面接で落ちても、おそらく別の区から声がかかるので、大して緊張はしていません。

アイアム テキトー ニンゲン。
ザ グッバイ。
snake * 教師道 * 23:35 * comments(0) * trackbacks(0)

連絡帳

今日、初めて教師の「辛さ」を味わいました。

誰もいなくなった教室で、とある保護者からのコメントが書かれた連絡帳を読んで、涙が止めどもなく流れました。
詳しくはこの記事には書けませんが、過去にその保護者が子育てにどんなに苦労してきたかという過程を知りました。
オレは自身の軽率な行動を恥じ、連絡帳を読んだあと、すぐにその保護者に電話をして謝罪しました。

教師は、子どもの心身の成長にとって大切な時期を共に過ごす、とても荷が重い職業だということを痛感しました。
今後もそのことをしっかりと胸に刻んで仕事をしていきます。
snake * 教師道 * 23:55 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ